VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2015年01月21日

新潟市において国家戦略特別区域農業保証制度の運用を開始

新潟市において国家戦略特別区域農業保証制度の運用を開始します
http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150120001/20150120001.html

2014年12月19日に認定された区域計画に基づき、
新潟市において
「新潟市国家戦略特別区域農業保証制度資金」が創設されました。
本年1月21日より運用を開始します。

新潟市報道発表
https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/seisaku/kokkatokku/tokku/agri-tokku-hosho/agri-tokku-shikin.html外部リンク

新潟市国家戦略特別区域農業保証制度資金の概要
http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/seisaku/kokkatokku/tokku/agri-tokku-hosho/agri-tokku-hosho.html外部リンク

新潟市区域計画
http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/seisaku/kokkatokku/tokku/tokku-oshirase/kuikikeikaku-nintei.html外部リンク


農地用用排水路に設置する水力発電設備に係る規制を緩和します
〜産業競争力強化法の「企業実証特例制度」の活用!〜
http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150120004/20150120004.html


日本工業規格(JIS 規格)を制定・改正しました(平成27 年1 月分)
http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150120002/20150120002.html

宮沢経済産業大臣がアラブ首長国連邦(UAE)に出張しました
http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150120003/20150120003.html
posted by MATUYO at 20:24| Comment(0) | 国家戦略特区新潟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観光庁1月21日

<< 観光庁ウェブサイトでの新着情報 >>

【報道発表】
○第3回「通訳案内士制度のあり方に関する検討会」を開催します

 2020年に向けて、政府として訪日外国人旅行者数2000万人を目指す中、
多様化する訪日外国人旅行者のニーズに的確かつ柔軟に対応するため、
昨年12月に「通訳案内士制度のあり方に関する検討会」を設置しましたが、
その第3回の検討会を開催します。
 なお、今回も前回に引き続き、
関係者の意見を幅広く聴取することとしており、
通訳案内士団体等の方々からご意見を聴取します。
http://krs.bz/kankocho/c?c=2271&m=14870&v=a92d85f5

○「手ぶら観光」に関する共通ロゴマークを公募します!

 訪日外国人旅行者が大きな荷物を持ち運ぶ不便を解消するため、
荷物を空港・駅・商業施設等で一時預かりし、
空港・駅・ホテル等へ配送するなどのサービス拠点を
分かりやすく明示する共通ロゴマークを策定します。
 このため、国土交通省物流審議官部門及び観光庁は、
一般国民から公募を行うことにしました。
 公募期間は、平成27年1月19日〜2月6日です。
http://krs.bz/kankocho/c?c=2272&m=14870&v=9cc033a6

○「今しかできない旅がある」
〜若者旅行を応援する取組の募集について(第3回)〜

 近年の若者の旅行離れを受け、観光庁では、若者旅行振興に取り組む機運を
高めるため、「今しかできない旅がある」をキャッチフレーズに、
若者旅行を応援する取組を募集し、観光庁長官賞を含む各賞を発表しています。
 第3回「若者旅行を応援する取組表彰」に向け、
本日より若者旅行振興に資する優良な取組の募集を開始します。
http://krs.bz/kankocho/c?c=2273&m=14870&v=394ba3a8

○訪日外国人消費動向調査 2014年 年間値(速報)〜訪日外国人旅行消費の
総額は2兆305億円で過去最高!〜

 一人当たり訪日外国人旅行消費額は、前年(13万6,693円)比10.7%増の
15万1,374円と推計され、過去最高額。
 2014年の訪日外国人旅行消費の総額は、前年(1兆4,167億円)比43.3%増の
2兆305億円と推計され、こちらも過去最高額。
http://krs.bz/kankocho/c?c=2274&m=14870&v=f71b5f00

○第2回トランジット旅客の訪日観光促進協議会を開催します!

 2020年に訪日外国人旅行者数2000万人に向けて、「観光立国実現に向けた
アクション・プログラム2014」(平成26年6月17日決定)に基づき、
トランジット旅客のうち、日本に入国しないで乗り継ぐ予定であったもの
(国際線通過旅客)についても、入国旅客への移行を図り、我が国の良さ
に触れてもらうことで、訪日外国人旅行者の増加、更には、空港周辺地域の
活性化や次の訪日につなげるべく、平成26年9月に「トランジット旅客の
訪日観光促進協議会」を設置致しました。
 今般、本協議会の第2回を開催することとなりましたので、お知らせ致します。
http://krs.bz/kankocho/c?c=2275&m=14870&v=5290cf0e

【トピックス】
○大成女子高等学校にて「若旅★授業」を行いました!

 若者が旅を通じて今まで知らなかった世界と触れあうことで視野を広げ、
触れあう過程で生きる力を伸張させる、その一歩としてまずは「旅に出たい、
出よう」という気持ちを持てるような働き掛けを行うべく、観光庁では旅に
精通した方を講師として派遣し、学生に旅の意義・素晴らしさを伝える、
「若旅★授業」を行っております。
 この度、第13回目の「若旅★授業」を平成26年11月20日(木)に大成女子
高等学校にて、医師として活躍されている中島侑子さんを講師としてお招きし
実施しました。
http://krs.bz/kankocho/c?c=2276&m=14870&v=677d795d

○大妻多摩中学高等学校にて「若旅★授業」を行いました!

 若者が旅を通じて今まで知らなかった世界と触れあうことで視野を広げ、
触れあう過程で生きる力を伸張させる、その一歩としてまずは「旅に出たい、
出よう」という気持ちを持てるような働き掛けを行うべく、観光庁では旅に
精通した方を講師として派遣し、学生に旅の意義・素晴らしさを伝える、
「若旅★授業」を行っております。
 この度、第14回目の「若旅★授業」を平成26年11月22日(土)に大妻多摩
中学高等学校にて、「LunchTrip※」の設立者である松澤亜美さんを講師と
してお招きし実施しました。(※異国レストランや大使館を巡り、美味しい
ランチを食べながら、異文化理解する取組。)
http://krs.bz/kankocho/c?c=2277&m=14870&v=c2f6e953
posted by MATUYO at 20:16| Comment(0) | 観光庁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

地方創生21

地方創生へ21計画支援 第1弾認定へ

安倍政権が重要課題に掲げる地方創生が動き出す。
政府は22日、地域の特色を生かした活性化策をまとめた
21の「地域再生計画」を認定する。

昨年秋の臨時国会で成立した改正地域再生法に基づく第1弾で、
地方自治体による地方創生のモデル事業と位置づける。
経済政策「アベノミクス」の地方波及が遅れる中、
4月の統一地方選に向けて実績づくりを急ぐ狙いもある。

地方創生、次官級ポスト新設 職員を2倍の300人に

政府は20日、地方の活性化や人口減少対策を進める
「地方創生」の体制強化に向け、
内閣府の「地域活性化推進室」を「地方創生推進室」に
改組すると発表した。職員も2倍の300人に増やす。

内閣官房の「まち・ひと・しごと創生本部事務局」に
次官級の地方創生総括官のポストを新設し、事
務局長代理の山崎史郎内閣審議官を充てる。

 石破茂地方創生相は20日の閣議後の記者会見で
「政府としてワンストップで(地方を)支援したい」と説明した。
内閣官房の地域活性化統合事務局は廃止した。

 山崎 史郎氏(やまさき・しろう)78年(昭53年)東大法卒、
旧厚生省へ。内閣府政策統括官などを経て14年から
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局長代理。
山口県出身、60歳。

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201501/20_a.html

posted by MATUYO at 21:10| Comment(0) | 地方創生特区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。