VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年11月15日

外国人の人権を尊重しましょう

日本人の人権は守られているのか
いわゆる「ヘイトスピーチ」はなぜ生まれたのか
原因を突き止め解消しなければ問題は解決しない
臭い匂いは元から立たなきゃダメなはずだ
臭いものに蓋をし、日本人の人権を蔑ろにする
このような世の中でいいのだろうか

外国人の人権を尊重しましょう

法務省では様々なバナーまで作って
外国人の人権を守ろうとしています。
大量外国人労働者受け入れに備え
国際世論からの批判を受けないように
今から日本人を飼い慣らそうという作戦でしょうか
そして下の作文に
偏った価値感や,国籍などの情報にとらわれることなく,
同じ人間として
,とあるように、

国境や国籍のない世界を目指しているのでしょうか

000121153.gif000121154.gif


第33回 全国中学生人権作文コンテスト
日本放送協会会長 賞をもらった作文です

本当の国際化とは


広島県 三次市立布野中学校 2年

最近のニュース番組を見ていて,
とてもショックを受けたものがあった。
それは,「ヘイトスピーチ」と呼ばれるものだ。

「ネトウヨ」と言われる急進派右翼による
在日韓国・朝鮮人を罵倒するデモのことだそうだ。
数百人規模のデモ隊が,
聞くに堪えない罵詈雑言を叫んで都心を行進していた。
この日本でこんな事が起こっているなんて,
とても信じられなかった。

それまでも,中国や韓国の反日デモを
ニュースで見る機会はあった。
踏みつけられる顔写真や引き裂かれる日本の旗を見て,
「なぜこんなことを!」と怒りを感じた。しかし,ヘイトスピーチを
見た時感じたのは「やめてほしい」という悲しみだった。

〜中略〜

ヘイトスピーチをする人や,反日デモ隊の人たちが,
どんな気持ちなのかは,僕には想像することはできない。
歴史の勉強をしっかりしてみないと,
様々な思想があることもわからないと思う。
しかし,今の僕にもはっきりとわかることがある。
それは,罵られ,軽蔑の対象となっている人達に,
何ら罪はないということだ。

一人一人の人間の尊厳は,生まれた国が違っても
何も変わることはないはずだ。同じ人間として,
命の重さは同じであり,差別されていい人間などいないはずだ。
これから僕は,小さな町での生活から,
少しずつ広い世界へとコミュニティーを広げていく。
その中で,様々な国の人と出会うだろうし,
様々な考え方の人と出会うだろう。

そのときに,偏った価値感や,
国籍などの情報にとらわれることなく,同じ人間として,
その人の内面をとらえることのできる
幅広い心の持ち主でありたいと思う。
二年前のあの時店員さんを救えなかった僕が,
ここに本当の国際化とは何かを考え,
行動できる大人に成長していくことを決意したい。

----------------
ネトウヨのデモはいつも数百人単位でしたっけ?
そんなにいたっけな・・?




posted by MATUYO at 03:19| Comment(0) | 法務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。