VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2015年01月20日

アジア太平洋地域における経済統合の推進を求める

アジア太平洋地域における経済統合の推進を求める

〜2020年のアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)実現に向けて〜

2011年12月13日
(社)日本経済団体連合会

FTAAP画像.jpg
タグ:経団連 FTAAP
posted by MATUYO at 12:17| Comment(0) | FTAAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想(エフタープ)

外務省 APEC Q&A 問12
アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想とは何ですか。


アジア太平洋自由貿易圏
(Free Trade Area of the Asia-Pacific :FTAAP)構想とは,
アジア太平洋地域において,
関税や貿易制限的な措置を取り除くことにより,
モノやサービスの自由な貿易や,
幅広い分野での経済上の連携の強化を目指すものです。

 FTAAP構想は,2006年のAPEC首脳会議において,
これを促進する方法及び手段について
研究を実施することで一致しましたが,
あくまで長期的で野心的な目標と位置付けられていました。

このような中,FTAAPの実現に向けた取組を促進するため,
2009年のシンガポールでの首脳会議において,
2010年にFTAAPの実現に向けた道筋を検討することで一致しました。

 これらを踏まえ,2010年,横浜で開催されたAPEC首脳会議において,
FTAAPの実現に向けた道筋が策定されました。

まず,FTAAPは,ASEAN+3,ASEAN+6,
環太平洋パートナーシップ(TPP)協定といった
現在進行している地域的な取組を基礎として
更に発展させることにより,
包括的な自由貿易協定として追求されるべきことが確認されました。

また,APECは,FTAAPの発展のプロセスにおいて,
リーダーシップと知的インプットを提供するとともに,
投資,サービス,電子商取引,原産地規則,
サプライチェーン・コネクティビティ(国際物流円滑化)を含む
貿易円滑化等の分野において分野別取組を継続し,
更に発展させることにより,
FTAAPの追求に貢献していくことが確認されました。

経済外交
APEC(アジア太平洋経済協力,Asia Pacific Economic Cooperation)


APECとは

 APEC
(Asia-Pacific Economic Cooperation アジア太平洋経済協力)は
アジア太平洋地域の21の国と地域が参加する経済協力の枠組みです。
経済規模で世界全体のGDPの約5割,
世界全体の貿易量及び世界人口の約4割を占め,
アジア太平洋地域の持続可能な成長と繁栄に向けて,
貿易・投資の自由化,ビジネスの円滑化,人間の安全保障,
経済・技術協力等の活動を行っています。

参加国・地域

 オーストラリア,ブルネイ,カナダ,チリ,中国,中国香港,
インドネシア,日本,韓国,マレーシア,メキシコ,ニュージーランド,
パプアニューギニア,ペルー,フィリピン,ロシア,シンガポール,
チャイニーズ・タイペイ,タイ,アメリカ,ベトナム


ASEAN+3
ASEAN+6
東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に
日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドを加えた
計16カ国による様々な分野における協力の枠組み
東アジア地域包括的経済連携(RCEP:アールセップ)
(Regional Comprehensive Economic Partnershipの略)
第6回東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉会合の開催(結果)

(参考:RCEPについて)

1 概要

 東アジア地域包括的経済連携
(Regional Comprehensive Economic Partnership)の略。
ASEAN10か国+6か国(日本,中国,韓国,オーストラリア,
ニュージーランド,インド,以下「FTAパートナー諸国」)が
交渉に参加する広域経済連携。

2 経緯

(1)我が国が提唱してきた
東アジア包括的経済連携(CEPEA;ASEAN+6)と,
中国が提唱してきた東アジア自由貿易圏(EAFTA;ASEAN+3)が併存。
双方について,これまで,民間研究,政府間の検討作業を実施。

TPP

ASEAN(東南アジア諸国連合)とは
東南アジア10か国から成るASEAN(東南アジア諸国連合)は,
1967年の「バンコク宣言」によって設立されました。
 インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,
ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス(全10か国)
posted by MATUYO at 14:26| Comment(0) | FTAAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

TPP、その先のFTAAPの実現

本年5月に欧州を訪問した際、
経済再生と財政健全化の両立こそが、
グローバルに展開する企業の期待に適うと確信しました。
だからこそ、私は、アジアと欧州をつなげる日EU・EPA、
そしてアジア太平洋で一つの経済圏を目指す、
TPP、その先のFTAAPの実現に向けて、
全力を注いでいます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page18_000373.html
posted by MATUYO at 00:20| Comment(0) | FTAAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。