VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年12月08日

平成27年度総務省所管予算 概算要求 の 概 要

平成27年度総務省所管予算
概算要求 の 概 要


グローバルコミュニケーション計画の推進 20.5 億円
・ 多言語音声翻訳システムの社会実装の推進
多言語音声翻訳の対応領域、対応言語を拡大し、
翻訳精度を高めるための研究開発を推進するとともに、
産学官の連携により、国家戦略特区等を活用し、
病院、商業施設、観光地等において、
多様なアプリケーションの社会実証を実施
【主な経費】 グローバルコミュニケーション計画の推進
-多言語音声翻訳技術の研究開発及び社会実証- 20.5 億円
NICT運営費交付金 276.5 億円の内数

.ICT 国際競争力強化、国際展開 114.7 億円
■国際放送の充実強化 39.6 億円
■ICT、地デジ、4K・8K、放送コンテンツ、
防災、郵便、行政相談委員制度関係の「パッケージ展開」 75.1 億円

【主な経費】 電波資源拡大のための研究開発 87.1 億円の内数
・訪日外国人等が必要な情報を容易・円滑に入手できるよう、
スマートテレビと多言語翻訳システムを活用した
放送番組の多言語字幕サービスの実用・普及に向けた
検討・実証を推進
【主な経費】 多言語字幕サービスの実現に向けた実証実験 1.5 億円

c) 放送コンテンツの海外展開の強化 26.0(新規)
国内外の関係機関とも幅広く連携しながら、
「訪日外国人観光客の増加」(ビジットジャパン)や
「日本の最先端の音楽・ファッション等の発信」
(クールジャパン」)、「地域の活性化」、
「日本食・食文化の魅力発信」等を目的とした
放送コンテンツを製作し、海外に継続的に発信するモデル事業を支援
【主な経費】 放送コンテンツ海外展開強化連携モデル事業 25.0 億円

(d) 「グローバル空間」における国際的なルールづくり 12.5(12.1)
・「情報の自由な流通」を促進するため、国際的なルール等の構築に努め、
「グローバル空間」の発展に貢献
・ITU(国際電気通信連合)全権委員会議(2014 年 10 月於釜山)
等の国際会議に積極的に貢献
posted by MATUYO at 01:06| Comment(0) | 総務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

自治体国際化協会(クレア)

総務省の管轄下にある、
総務省所管特例民法法人の中に
自治体国際化協会(クレア)がある

http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/syokan/koueki/ichiran_c.html

クレアとは:海外に7つの事務所を設置運営し、
国内外で様々な活動を行っています。
世界最大規模の人的交流プログラム「JETプログラム」の推進、
自治体の海外における諸活動の支援、
諸外国の地方自治に関する調査研究、
日本の自治体による海外の自治体との
交流・国際協力・観光や物産などの経済活動の支援、
国内の多文化共生社会推進に向けた取り組みなど、

「地域の国際化」のために幅広い役割を担っています。

自治体国際化協会クレア
posted by MATUYO at 12:01| Comment(0) | 総務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

地域の元気創造プラットフォーム

「地域経済グローバル循環創造」に係る
総務省との協力枠組の構築に合意

から

2.「地域経済グローバル循環創造」の概要
総務省が昨年度立ち上げた全地方自治体の共同データベース
(「地域の元気創造プラットフォーム」)


地域の元気創造プラットフォームとはなんでしょうか

最近エントリーされた内容を見ると
いずれも地域の活性化、強化につながる事業内容となっており
地場産品発掘・ブランド化/観光振興・交流/産業振興等を
テーマに掲げています。

しかし、地域の創造本部
地域力の創造・地方の再生HPの中にある
地域の国際化の推進のページでは

国際交流の推進 国際協力の推進 国際協定への対応
多文化共生の推進 等の各項目が並べられ

今後の更なる多文化共生の取組を促進するため、
有識者による研究会を開催しています
とあるように
国境のない世界=グローバリゼーション
を目指しているのがわかります









posted by MATUYO at 16:13| Comment(0) | 総務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。