VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年10月26日

日本教員訪韓研修団 他

「JENESYS2.0」平成26年10月24日

日本教員訪韓研修団 第 1 団
訪問日程 平成 26 年 9 月 16 日(火)〜9 月 25 日(木)

日本の若手教員約 20 名が訪韓し、
9 月 16 日から 9 月 25 日までの
9泊 10 日の日程で研修を行いました
(団長:上枝美紀子 香川県立三本松高等学校 教諭)

徳島県吉野川市中学生訪韓研修団
訪問日程 平成 26 年 9 月 14 日(日)〜9 月 20 日(土)

徳島県吉野川市の中学生 50 名が訪韓し、
9 月 14 日から 9 月 20 日ま
での 6 泊 7 日の日程で研修を行いました
(団長:三栖秀昭 鴨島第一中学校教諭)。


日本大学生訪韓研修団(韓国外交部招聘)
訪問日程 平成 26 年 9 月 10 日(水)〜9 月 19 日(金)
日韓文化交流基金で選抜、
韓国へ派遣した日本大学生訪韓研修団28 名が
9 月 10 日から 9 月 19 日までの
9 泊 10 日の日程で研修を行いました
(団長:外務省アジア大洋州局
北東アジア課日韓交流室長地域調整官 喜多律夫氏)
posted by MATUYO at 02:26| Comment(0) | JENESYS2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

JENESYS・JENESYS2.0

JENESYS2.0

JENESYS2.0

2013年1月18日、インドネシア訪問中の安倍総理は、
2007年から実施したJENESYSの後継として、3万人規模で、
アジア大洋州諸国及び地域との間で青少年交流事業
「JENESYS2.0」を実施することを発表しました。

本件事業は、日本経済の再生に向けて、
我が国に対する潜在的な関心を増進させ、
訪日外国人の増加を図るとともに、
クールジャパンを含めた我が国の強みや魅力等の日本ブランド、
日本的な「価値」への国際理解を増進させることを目指しています。

青少年交流 JENESYS2.0/KAKEHASHIとは
 「JENESYS2.0」*1及び
「KAKEHASHI Project−The Bridge for Tomorrow」*2は、
日本とアジア大洋州地域及び北米地域をつなぐ
青少年交流事業です。

2013年3月、日本経済の再生と日本的な「価値」への
国際理解の増進を目指し、
日本政府の主導のもとに始まりました。

参加青少年は帰国後に、SNS等を活用して
積極的に日本の魅力について
対外発信することが期待されています。

----------
JENESYS

21世紀東アジア青少年大交流計画 
平成19年5月

本年1月に開催された第2回東アジア首脳会議(EAS)において、
安倍総理より、大規模な青少年交流を通じて
アジアの強固な連帯にしっかりとした土台を与えるとの観点から、
EAS参加国(ASEAN、中国、韓国、インド、
豪州、ニュージーランド)を中心に、
今後5年間、毎年6,000人程度の青少年を日本に招く
350億円規模の交流計画を実施する旨発表しました。

これに基づき、政府は、「21世紀東アジア青少年大交流計画」
(英文名:JENESYS Programme)を今年度より立ち上げ、
各国及び関係機関等との協力の下、招へいや派遣等、
様々な交流事業を実施していきます。

 中国からは、これまでの「日中21世紀交流事業」を継続・拡充し、
「21世紀東アジア青少年拡大交流計画」の一環として
多くの高校生・青少年を招聘していきます。
中国高校生を受け入れて頂ける学校、地方自治体を募集しています。
ご希望の方は以下の問い合わせ先にご連絡下さい。



21世紀東アジア青少年大交流計画
JENESYS Programme  
(Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths)
平成24年7月


 地域共有の将来ビジョンを作り、ひいては我が国の
外交目標の1つである「アジアの強固な連帯」に
しっかりとした土台を与え、かつ、アジアにおける
良好な対日感情の形成を促進するという観点から、
2007年1月にフィリピンのセブ島にて開催された
第2回東アジア首脳会議(EAS)において、安倍総理(当時)より、
EAS参加国(ASEAN、中国、韓国、インド、
豪州、ニュージーランド)を中心に、
今後5年間、毎年6,000人程度の青少年を日本に招く
350億円規模の交流計画を実施する旨表明しました。

これに基づき、政府は、「21世紀東アジア青少年大交流計画」
(英文名:JENESYS Programme)を立ち上げ、
各国及び関係機関等との協力の下、招へいや派遣等、
交流事業を実施。2012年に事業を終了しました。
posted by MATUYO at 23:44| Comment(0) | JENESYS2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする