VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年11月28日

多文化共生:川越「朝鮮通信使」仮装パレード 

民団新聞 2014.11.26
http://www.wara2ch.com/archives/7950577.html

埼玉新聞2014年11月7日(金)
「多文化の交流を」朝鮮通信使の仮装パレード 
9日、川越で開催

江戸時代の朝鮮通信使をはじめ
アジアや沖縄などの民俗衣装で練り歩く
「復活!唐人揃い−朝鮮通信使
多文化共生・国際交流パレード」が9日正午から、
川越市内で行われる。多文化の交流を図ろうと、
県内の市民団体らで結成した同実行委員会(江藤善章代表)が企画した。

 同パレードは毎年同市で開催されており、今年で10回目。
また、8日午後1時半から、川越市郭町の市民会館で、
NPO法人「朝鮮通信使縁地連絡協議会(縁地連)」などが
「朝鮮通信使ゆかりのまち全国交流会」が開く。


チラシPDFを見ると

【後援】
川越市/川越市教育委員会
川越商工会議所/小江戸川越観光協会
埼玉県/埼玉県教育委員会/埼玉県国際交流協会
川越氷川神社/蓮馨寺/高麗神社
在日本朝鮮人総聯合会埼玉県本部
在日本大韓民国民団埼玉県地方本部
駐日韓国大使館 韓国文化院

埼玉県国際交流協会

リンク先には
官公庁: 埼玉県 埼玉県県民生活部国際課 外務省
政府関連機関:
(独)国際交流基金 (独)国際協力機構(JICA)
(独)国際交流基金日本語国際センター JICA地球ひろば
(財)自治体国際化協会(CLAIR) 市民国際プラザ

等々がずらりと並ぶ。
主催:朝鮮通信使ゆかりのまち全国交流会川越大会実行委員会
川越唐人揃いパレード実行委員会
共催:朝鮮通信使縁地連絡協議会 となっているが
れっきとした政府のお墨付きなのである

川越市からも20万円の予算が出ている
http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1405823464537/files/kyoudou.pdf

川越市議事録

http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1252998992398/files/kyoudou261.pdf


posted by MATUYO at 03:20| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

川崎市外国人市民代表者会議オープン会議の開催について

川崎市外国人市民代表者会議オープン会議の開催について

平成26年(2014年)10月22日

1 開催日時 平成26年11月16日(日)
午後2時〜午後5時(午後1時30分開場)
2 場  所 中原市民館2階ホール
(川崎市中原区新丸子東3丁目1100番地12
パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー2階)
3 内  容  
第1部 基調発表(発表者:外国人市民代表者会議委員)
第2部 パネルディスカッション
代表者会議のこれまでの成果とこれからの課題
―第10期をむかえて、あらためて意味を問う」
コーディネイター
お茶の水女子大学名誉教授 宮島 喬 氏
パネリスト
第1期、第2期部会長 金 熙淑(きむ ひいすく)氏
第2、7、8期委員 中森 ジュリア みどり 氏
第8期副委員長、第9期委員長 王 平(わん ぴん)氏
日本大学准教授 岡本 奈穗子 氏
現在の代表者             
(会議終了後に代表者と参加者が
自由に懇談する交流パーティーを予定)
4 定  員 150名(参加無料・入退場自由)
5 その他 交流パーティーの参加を希望する場合、
当日、受付にて申込み。

報道発表資料
 川崎市外国人市民代表者会議では、
広く外国人市民及び日本人市民の意見を聞いて
今後の審議に生かしていくため、
次のとおりオープン会議を開催します。
 多くの皆さまの参加をお待ちしています。

川崎市外国人市民代表者会議
オープン会議の開催について
posted by MATUYO at 23:44| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成26年11月9日「多文化共生シンポジウム」気仙沼市役所

このような動画情報を見つけたのですが
なんか言ってる意味がよくわかりません。
再度聞いてみたいと思います。

何回聞いてもわからない場合は
確認したほうがいいかなぁ・・



動画についていたコメントはこちらです

2014/11/10 に公開
多文化共生といいながら、こんなことが許されるのでしょうか?
平成26年11月9日に気仙沼市役所で開催された
「多文化共生シンポジウム」で
公益財-団法人宮城県国際課協会
事務局次長兼企画事業課長の大村昌枝氏の発言を抜粋しました。

外国人は教員免許がいらなくて、
日本人は免許が必要なのはおかしくないですか?
決してどうでもいい事情ではありませんよ!大村さん!!


公益財団法人宮城県国際化協会
 http://mia-miyagi.jp/grant.html

シンポジウムIN気仙沼 チラシPDF

定住外国人の社会参画について 〜就労支援を考える〜
平成26年11月9日

●13:05〜13:25 現状報告
「宮城県の多文化共生の現状について」
 (公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長 
大村昌枝 氏

●13:25〜14:05 基調講演
「定住外国人が活躍できる地域づくり」
   特定非営利活動法人宮城ミャンマー友好協会理事 
スーザ・ミョータン 氏

●14:10〜15:25 パネルディスカッション
「みんなでつくる多文化共生社会 〜求められる就労支援とは〜」

■コーディネーター
  (公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長 
大村昌枝 氏
 
■コメンテーター
  特定非営利活動法人宮城ミャンマー友好協会理事 
スーザ・ミョータン 氏

■パネリスト
  主任介護支援専門員・介護福祉士 加藤千惠美 氏
  クチナシ製作所社長 工藤健二氏
  春圃苑デイサービスセンター介護職 紺野クリスティーナ 氏
   気仙沼市教育委員会非常勤講師 佐藤ジャスミン 氏
  飲食店従業員 タランガ・ヘラト 氏
●15:30 閉会

■主 催宮城県/宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会
■共 催気仙沼市/(公財)宮城県国際化協会/気仙沼市国際交流協会
posted by MATUYO at 21:22| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする