VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年12月01日

国交省11/28

○第15回北東アジア港湾局長会議ならびに第15回北東アジア港湾
シンポジウムの開催結果
 http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000108.html

平成26年11月28日

 平成26年11月23日(日)〜11月25日(火)の間、
第15回北東アジア港湾局長会議および
第15回北東アジア港湾シンポジウムが
中国南京市で開催されました。



1.第15回北東アジア港湾局長会議
.
 ボーダレス化する世界経済において、
国際物流は重要なテーマとなっており、
特に世界の工場といわれている東アジア地域が
世界の物流を牽引するまでになっています。

その中心となる日中韓の港湾局長等が一同に集まり、
第15回北東アジア港湾局長会議が
中国南京市で開催されました。

会議では、まず各国の代表から
「港湾の転換とアップグレード」をテーマとして、
三カ国から報告があり、活発な意見交換が行われました。
日本からは、港湾施設の戦略的な
維持管理の取組について紹介を行いました。
さらに、作業部会では
「北東アジアにおけるマリーナネットワークの構築」、
「北東アジアの海上コンテナ輸送におけるRFID活用の促進」、
「北東アジアにおけるクルーズ振興」、
「沿岸環境の変化と対策の効果」の
四つのテーマについて報告が行われました。
 
なお、北東アジア港湾局長会議は、
1995年から1999年の間、年1回開催された
日韓港湾局長会議をベースに、
2000年より中国が加わり拡大したもので、
今回で15回目の開催となります。
次回の第16回北東アジア港湾局長会議は、
日本で開催される予定です。
.
2.第15回北東アジア港湾シンポジウム
.
 局長会議翌日の11月25日には、
第15回北東アジア港湾シンポジウムが開催されました。
日中韓の官民の港湾関係者が集まり、
「グリーンポート開発」及び
「港湾と都市の調和のとれた発展」をテーマに
三カ国の専門家から発表があり、
その後発表者と参加者による熱心な質疑がなされました。
また、南京港集団から南京港の紹介がありました。

posted by MATUYO at 23:00| Comment(0) | 日中韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

太田国土交通大臣の中国出張結果

太田国土交通大臣の中国出張結果

太田国土交通大臣は、16日に中国・上海を訪問し、
中国国家旅游局長と会談したほか、
中国国際旅游交易会の視察を行いました。
概要は次のとおり。 

1.李金早国家旅游局長との会談概要太田大臣と李局長は、
両国間における双方向の観光交流強化が重要であることを確認し、
そのために、次のような協力を進めることで一致した。

 [1] 両国の観光当局による事務レベルの連絡協力体制を構築し、
まずは2015〜2016年の2年間に
双方交流の拡大に向けた取組を具体化していくことが大切である。
例えば、お互いのプロモーションへの積極的な協力や、
共同ポスターの作成、青少年交流の一層の促進、
東京オリンピック・パラリンピックを切り口とした
共同プロモーションの実施など。
 
[2] 日本人訪中観光の回復に向けて、
国家旅游局が日本で行う交流イベントへの協力や
訪中旅行商品キャンペーンなど、
日本側も官民一体となって中国側の取組に協力していく。

[3] 日中韓観光大臣会合は三カ国の交流拡大のために重要であり、
早期開催を目指して引き続き事務レベルでの調整を行い、
開催に向けて準備を進めていく。

2.中国国際旅遊交易会の視察  
太田大臣は、国家旅游局主催の
中国国際旅游交易会(CITM)を訪問し、
各国・地域のブースやイベント、
我が国からインバウンドを促進している25の団体で構成された
ジャパンパビリオンを視察した。

2014年11月16日
posted by MATUYO at 01:48| Comment(0) | 日中韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

第6回日中韓自由貿易協定(FTA)交渉会合(局長/局次長会合)

経産省:公表:平成26年11月19日(水)

第6回日中韓自由貿易協定(FTA)交渉会合
(局長/局次長会合)が開催されます


11月24日から28日まで、東京において、
第6回日中韓自由貿易協定(FTA)交渉会合
(局長/局次長会合)が開催され、
広範な分野について議論が行われる予定です。

同会合には、佐藤達夫外務省経済局審議官
(日本側共同議長)をはじめとする関係省庁の関係者
(経済産業省からは安藤晴彦通商政策局通商交渉官)、
中国から孫元江(そん・げんこう)
中国商務部国際経済貿易関係副司長(中国側共同議長)、
韓国から金榮武(きむ・よんむ)
韓国産業通商資源部FTA交渉官(韓国側共同議長)
をはじめとする交渉関係者がそれぞれ出席する予定です。

今次会合では、物品貿易、サービス貿易、競争、
知的財産等の広範な分野について議論が行われる予定です。

なお,第6回日中韓FTA交渉会合(首席代表会合)については,
明年の早い時期に別途開催することとしています。

[参考]これまでの経緯
(1)2012年5月の第5回日中韓サミットにて、三首脳は、
日中韓FTAの年内の交渉開始につき一致。
(2)2012年11月、カンボジアのプノンペンにおいて、
ASEAN関連首脳会議の機会に
日中韓経済貿易担当大臣会合が開催され、
日中韓FTA交渉の開始が宣言された。
(3)これまで5回の交渉会合を実施したほか、
準備会合・中間会合等を実施。
直近では、本年9月に第5回交渉会合(於:北京)を開催。

通商政策局経済連携課
posted by MATUYO at 01:04| Comment(0) | 日中韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。