VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年10月22日

グローバリズムと共産主義

グローバリズムと共産主義は根っこが同じであるという
馬渕睦夫氏元駐ウクライナ兼モルドバ大使)の講演を
まとめられているブログがありましたので
紹介いたします
【馬渕睦夫】グローバリズムの罠 国難の正体様より

-----------転載ココカラ
共産主義とグローバリズムは根が同じなんです。
だから今のグローバリズム、というか共産主義は、
今でも私は最大の国難といいますか、
それは共産主義思想だと思っています。
〜中略〜
大資本はわたしらの敵だなんて言ってるけど、
共産主義とは大資本家の思想なんです。
それが今グローバリズムという衣を着てるだけなんですよ。

共産主義はプロレタリアートの味方だとかね、
万国の労働者よ団結しろなんて。
全然そういうことは起こらなかったですね。
書いたマルクスだってそんなことが起こるなんて
思ってなかったはずなんですよ。

それはある一定の目的を達成するための
イデオロギーに過ぎなかったわけです。
つまりもっとはっきり言えば、
ユダヤ民族を解放するためのイデオロギーだったんですね。

だからといって私は別に
ユダヤ陰謀論を唱えているわけじゃないんです。

つまり彼らは国を持たなかったから。
だからグローバリズムという思想っていうのは、
必然的にユダヤ思想から出てきてるんです。
で、これはなにもユダヤ人がどうかという問題じゃなくて、
思想の話をしてるんですね。

答えを言いますと、社会主義も、リベラリズムも、
ネオコンも、みんな国際主義なんです。
これを我々は誤解してるんです。
未だにリベラリズムがいいっていう日本人
たくさんいますね。
でもその人たちは国際主義者なんだ。

国際主義って何だっていうと、
国境廃止主義者ですよ。
日本の中でも「私は地球市民だ」なんていう人いますね。
その人たちですよ。

そういう人たちは自分が国際主義者っていうか、
つきつめれば共産主義者だっていうことに
気付いてないんですよね。

-------転載ココマデ

32分位から



参照ブログ
なんとなく感じたこと、違和感、雑感をなるべく書く。
狂騒のパジェント
posted by MATUYO at 20:06| Comment(0) | グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする