VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2015年01月25日

経団連関係抜粋

https://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2004/041/honbun.html
日本経団連では、2002年5月に
「成果主義時代の賃金システムのあり方
−多立型賃金体系に向けて」を発表し、
いわゆる正規従業員の今後の人事・賃金管理の方向性を提示した。

わが国企業の賃金・人事処遇制度にみる
成果主義の進路https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/941.pdf

多様化する雇用・就労形態における
人材活性化と人事・賃金管理

2004年5月18日
(社)日本経済団体連合会
https://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2004/041/honbun.html

成果主義時代の賃金システムのあり方 : 多立型賃金体系に向けて
日本経営者団体連盟労使関係特別委員会 [編]
(Nikkeiren report)
日本経営者団体連盟, 2002.5

(2015/1/15転記)
【関連する記事】
posted by MATUYO at 09:44| Comment(0) | 経団連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。