VWdX7PaUV1Y23gv1414222689_1414222717.jpg

2014年11月11日

平成26年11月9日「多文化共生シンポジウム」気仙沼市役所

このような動画情報を見つけたのですが
なんか言ってる意味がよくわかりません。
再度聞いてみたいと思います。

何回聞いてもわからない場合は
確認したほうがいいかなぁ・・



動画についていたコメントはこちらです

2014/11/10 に公開
多文化共生といいながら、こんなことが許されるのでしょうか?
平成26年11月9日に気仙沼市役所で開催された
「多文化共生シンポジウム」で
公益財-団法人宮城県国際課協会
事務局次長兼企画事業課長の大村昌枝氏の発言を抜粋しました。

外国人は教員免許がいらなくて、
日本人は免許が必要なのはおかしくないですか?
決してどうでもいい事情ではありませんよ!大村さん!!


公益財団法人宮城県国際化協会
 http://mia-miyagi.jp/grant.html

シンポジウムIN気仙沼 チラシPDF

定住外国人の社会参画について 〜就労支援を考える〜
平成26年11月9日

●13:05〜13:25 現状報告
「宮城県の多文化共生の現状について」
 (公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長 
大村昌枝 氏

●13:25〜14:05 基調講演
「定住外国人が活躍できる地域づくり」
   特定非営利活動法人宮城ミャンマー友好協会理事 
スーザ・ミョータン 氏

●14:10〜15:25 パネルディスカッション
「みんなでつくる多文化共生社会 〜求められる就労支援とは〜」

■コーディネーター
  (公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長 
大村昌枝 氏
 
■コメンテーター
  特定非営利活動法人宮城ミャンマー友好協会理事 
スーザ・ミョータン 氏

■パネリスト
  主任介護支援専門員・介護福祉士 加藤千惠美 氏
  クチナシ製作所社長 工藤健二氏
  春圃苑デイサービスセンター介護職 紺野クリスティーナ 氏
   気仙沼市教育委員会非常勤講師 佐藤ジャスミン 氏
  飲食店従業員 タランガ・ヘラト 氏
●15:30 閉会

■主 催宮城県/宮城県人権啓発活動ネットワーク協議会
■共 催気仙沼市/(公財)宮城県国際化協会/気仙沼市国際交流協会


posted by MATUYO at 21:22| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。